役に立たない存在

おはようございます、藤原です。

 

昨日は、コロナワクチンの

2回目を接種してきました。

 

今のところひどい副反応も

ないようです。

 

高齢化社会の老人問題は、

日本だけでなく中国などの先進国

でも深刻になっているようです。

 

2021年4月に、

「70歳雇用確保の努力義務」

がスタートし、まさに

「70歳現役」と65歳から5歳も

引き上げられることになました。

 

さて、

70歳まで働くと言っても、

「体力」「思考力」「精神力」は

現状を維持するのでさえ

難しいのではないでしょうか。

 

特に、「体力」「思考力」は、

退化の一途をたどるでしょう。

 

反面、

人生の荒波を乗り越えてきた人は、

その経験から「精神力」は

強くなっているかもしれません。

 

それにしても、いつまで

経済的・肉体的・精神的に

自立した生活ができるのでしょうか。

 

父は、65歳で脳梗塞が引き金となり

他界しましたが、60歳を過ぎたら

何らかの病気になるのは当然のこと

だと肝に命じ、緊張感を持って

生活した方がよさそうです。

 

また、年齢を重ねるに従って、

二極化するのが「体力」「思考力」

と言ってもよいでしょう。

 

母(現在86歳)は、

80歳を過ぎた頃から認知症がひどくなり、

今は施設のお世話になっています。

 

一方で、私が通っている

スポーツクラブには、85〜86歳の方も

数名おられますが、体力も思考力も

ある程度を維持されておられます。

 

この方々は、もう何十年も通って

おられるとのことで、その継続が

功を奏しているのでしょう。

 

 

なぜ、「体力」や「思考力」に

大きな差が出てしまうのでしょうか。

 

その原因を特定することは

できませんが、

 

何かしらの努力を継続する

ことは大切なようです。

 

どんなに努力をしても

病気を避けることはできません。

 

その時は、自分の運命だと

引き受けるしかないでしょう。

 

話を元に戻すと、高齢になると

働くことが嫌いではないけれども、

体力的につらいとか、

 

働くことが生きがいではあるけれども、

思考力がついていかないと、

体と頭が別々の生き物のように

感じることがあるのではないでしょうか。

 

60歳を前にした私でも、

頭がついていかないと

虚しさを覚えることがあります。

 

きっと、高齢になり働き手として

社会に貢献できなくなると、

自分が「役に立たない存在」だと

思うようになるでしょう。

 

それを誤魔化すようにして、

孫のお世話に没頭し、そのことにより

「役に立つ存在」だと思いたいのだと、

周りの人を見ていて感じます。

 

きっと「役に立つ存在」でなければ

生きている価値がない、といった

世間の評価がそのように思わせて

いるのではないでしょうか。

 

 

働くことができなくなった高齢者は、

「役に立たない存在」だという考えは、

弱い立場の人を見捨てることになる

危険性を孕んでいます。

 

いずれ自分も高齢者の仲間入り

をする運命にあることを

忘れないようにしたいものです。

 

☆思考力に磨きをかけたい方は

ぜひ「無料会員登録」をどうぞ。

↓   ↓   ↓

———————————————-
「クレメンティア」ホームページ
 https://clementia-ph.com/ 
———————————————-
〜美しく成功する人への哲学思考〜
 

 

☆FBグループのコミュニティもあります。

↓   ↓   ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「クレメンティア」FBページ

https://www.facebook.com/groups/450584879267289

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「クレメンティア」は、どなたでも

参加できる無料のコミュニティです。

 

私を含め複数の講師陣で運営しており、

定期的に「哲学思考」に関する情報を

お届けしています。

 

公式LINE登録の方へ

 

 

バーコードを読み取っていただくか、

下記のクリックをお願いします。

↓    ↓    ↓

友だち追加

 

◾️東京官学支援機構 専務理事

http://three-thought.com

 

◾️東京哲学会議 特別貢献会員

https://tokyo-academism.com

 

◾️公式LINE

https://lin.ee/cBFULhc

 

◾️YouTube

https://www.youtube.com/channel/UC5Rk7dqJmGv3FtVDXS4l13A/videos

 

◾️ホームページ

https://excellent-ed.jp

 

◾️ビジネス哲学コンサルティング

https://excellent-ed.jp/consulting

 

◾️プロフィール

https://excellent-ed.jp/greeting#prof

 

◾️メール

kumiko@excellent-ed.jp

 

◾️FB

https://www.facebook.com/kumiko.fujiwara.315

働く目的は、大きく二つに分かれる

おはようございます、藤原です。

 

昨日は、孫が保育園で製作した

「敬老の日」のプレゼントを

持ち帰ってきてくれました。

 

 

うちわに切り紙をしたものを

貼ってあり、保育園でいろんな

体験をさせていただいている

ことに感謝です。

 

うちわに貼ってある

「いつまでもげんきでいてね」

という言葉を見ると、

「自分も老人の仲間入りをしたんだなぁ」

と現実を受け止めるしかありません。

 

さて、

総務省の発表によると、

65歳以上の高齢者の推計人口は、

3640万人。(9月15日現在)

 

 

総人口に占める割合は29%となり、

過去最高を更新したとのこと。

 

国連の調査では、2021年の

総人口に占める高齢者の割合は

日本が1位、イタリアが2位、

ポルトガルが3位、となっています。

 

政府は人口減による労働力の不足や、

社会保障を見直すために、

働く意欲のある高齢者の就業に

力を入れていています。

 

今年の4月には、70歳までの

就労機会の確保を企業の努力義務

として定めた法案も制定されました。

 

簡単に言えば

「70歳まで労働者として頑張れ」

ということであり、70歳までは

なるべく国に頼らないでね、

ということでもあります。

 

憲法で「勤労の義務」が謳われて

いるように、私たちは

生きていくために働いていますが

 

働く「目的」を考えると、大きく

二つのタイプに分かれるようです。

 

 

一つは、

 

・少しでも美味しいものを

食べるために働く。

 

・少しでも贅沢をしたいために働く。

 

・少しでも貯蓄をしたいために働く。

 

という「自分のため」あるいは

「自分の家族のため」に働くことが

目的になっている人。

 

もう一つは、

 

・少しでも社会に貢献するために働く。

 

・少しでも日本をよくるすために働く。

 

・少しでも世界をよくするために働く。

 

という「自分以外のため」に働く

ことが目的になっている人。

 

同じ「働く」でも、

その意味は全く違っています。

 

後者の「自分以外のため」に働く

という崇高な価値観を持っている人は、

自分自身は清貧の生活をしても

虚しくならないのでしょうか。

 

きっと、そこまで覚悟のできた人

というのは、清貧の生活をも

楽しみに変えられる人だと思います。

 

私は、そんな人を尊敬していますし

近づきたいと思っています。

 

☆自分を乗り越えた次にある

世界のあり方を知りたい方は、

ぜひ「無料会員登録」をどうぞ。

↓   ↓   ↓

———————————————-
「クレメンティア」ホームページ
 https://clementia-ph.com/ 
———————————————-
〜美しく成功する人への哲学思考〜
 

 

☆FBグループのコミュニティもあります。

↓   ↓   ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「クレメンティア」FBページ

https://www.facebook.com/groups/450584879267289

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「クレメンティア」は、どなたでも

参加できる無料のコミュニティです。

 

私を含め複数の講師陣で運営しており、

定期的に「哲学思考」に関する情報を

お届けしています。

 

公式LINE登録の方へ

 

 

バーコードを読み取っていただくか、

下記のクリックをお願いします。

↓    ↓    ↓

友だち追加

 

◾️東京官学支援機構 専務理事

http://three-thought.com

 

◾️東京哲学会議 特別貢献会員

https://tokyo-academism.com

 

◾️公式LINE

https://lin.ee/cBFULhc

 

◾️YouTube

https://www.youtube.com/channel/UC5Rk7dqJmGv3FtVDXS4l13A/videos

 

◾️ホームページ

https://excellent-ed.jp

 

◾️ビジネス哲学コンサルティング

https://excellent-ed.jp/consulting

 

◾️プロフィール

https://excellent-ed.jp/greeting#prof

 

◾️メール

kumiko@excellent-ed.jp

 

◾️FB

https://www.facebook.com/kumiko.fujiwara.315

あなたは「不合格」です

おはようございます、藤原です。

 

教員時代の反省も含めて、

これから子育てや孫育てを

していかれる方に、ぜひ

お伝えしたいことがあります。

 

 

人間は、成長と共に「言葉」を

獲得して、賢くなっていきます。

 

相手が発する「言葉」の意味が

理解できるようになるとか、

書いてある「言葉」の意味が

わかるようになるということ。

 

つまり「話し言葉」「書き言葉」の

意味が正しく理解できたり、

それにより自分の考えを深める

ことができるようになることが、

賢くなることだと思います。

 

子どもに賢くなって欲しいと

思っている人や、

 

思考力の低い自分のようには

なって欲しくない、

と思っている私のような人間は、

 

子どもに「本好きになって欲しい」

という願いを持っていると思います。

 

決して「本嫌いになって欲しい」

と、願う人はいないでしょう。

 

しかし、残念なことに

「本好きになって欲しい」という

欲望が裏目に出て、多くの人が

「本嫌いになる最短コース」

をやっています。

 

それは、読み聞かせの後や

読書をした後に

「感想を聞く」「感想を書かかせる」

という行為です。

 

何のためにこのような行為を

するのでしょうか。

 

せっかく子どもが

「言葉遊びの世界」を楽しんで

想像を膨らませている時に、

 

その世界を強制終了して

現実に引き戻すのが

「感想を聞く」「感想を書かせる」

という行為です。

 

それは、自分勝手な大人の都合

というものではないでしょうか。

 

ちなみに、小中学校の夏休みの

宿題にあった「読書感想文」を

思い出してみてください。

 

別の視点から付け加えると…。

 

これは関係者からの情報ですが、

最近の若い人たちは、

SNS(LINEやインスタ)のような

文字数が短いものに慣れてしまって

いるせいで、書類作成能力が落ちて

いるという理由から、

 

新入社員に長文小説の読書感想文を

書かせているところもあるそうです。

 

ところで、

小中学校や新入社員研修の

「読書感想文」にしても、

書いたものを「評価」する側の

思考力はどうなのでしょうか?

 

それを読んだ先生や上司が

「よい感想文」「悪い感想文」と評価し、

「よい感想文」と評価されれば、

表彰されたり、人前で模範解答のように

披露されたりするものです。

 

これは私の教員時代の例ですが、

ある研修を受けての「感想文」を

書かされた時のことです。

 

 

管理職から呼び出されて、

「藤原先生の感想は、

まるで宗教のようです。

一般的な感想に書き直して

再提出してください。」

と言われたことがあります。

 

要は、あなたの感想文は

「不合格」ということ。

 

相手がどう受け止めるか、

相手の「言語世界」の中でしか

理解できないのだということを、

身を持って知った経験でもあります。

 

「感想を聞く」「感想を書かせる」

という行為は、

評価者次第では、人間の思考を

固定化させてしまう、

危険な行為であると思います。

 

他人を評価する立場にある人は

いろんな価値観を受け入れられる

器の大きな思考力の高い人、

つまり「人格者」でなければ

いけないのではないでしょうか。

 

☆人格者を目指したい方は、

ぜひ「無料会員登録」をどうぞ。

↓   ↓   ↓

———————————————-
「クレメンティア」ホームページ
 https://clementia-ph.com/ 
———————————————-
〜美しく成功する人への哲学思考〜
 

 

☆FBグループのコミュニティもあります。

↓   ↓   ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「クレメンティア」FBページ

https://www.facebook.com/groups/450584879267289

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「クレメンティア」は、どなたでも

参加できる無料のコミュニティです。

 

私を含め複数の講師陣で運営しており、

定期的に「哲学思考」に関する情報を

お届けしています。

 

公式LINE登録の方へ

 

 

バーコードを読み取っていただくか、

下記のクリックをお願いします。

↓    ↓    ↓

友だち追加

 

◾️東京官学支援機構 専務理事

http://three-thought.com

 

◾️東京哲学会議 特別貢献会員

https://tokyo-academism.com

 

◾️公式LINE

https://lin.ee/cBFULhc

 

◾️YouTube

https://www.youtube.com/channel/UC5Rk7dqJmGv3FtVDXS4l13A/videos

 

◾️ホームページ

https://excellent-ed.jp

 

◾️ビジネス哲学コンサルティング

https://excellent-ed.jp/consulting

 

◾️プロフィール

https://excellent-ed.jp/greeting#prof

 

◾️メール

kumiko@excellent-ed.jp

 

◾️FB

https://www.facebook.com/kumiko.fujiwara.315

1 2 3 300