イメージすれば、本当に変わる?

「強くイメージすれば、

あなたの人生は変わる」

と聞いて、どう思われますか?

 

①イメージの仕方が足りないんだ。

②もっと強くイメージしなければ。

③イメージだけでは変われない。

 

どれに近かったでしょうか?

 

巷のコンテンツ業界では、

・3分で一個のブロック解除、

そして大金を引き寄せる。

 

・夢を叶える潜在意識の鍛え方!

 

・潜在意識は96%、顕在意識

より潜在意識を使いこなそう。

 

・考えるな、感じるんだ!

 

このような「心理学系」の

セミナーがたくさんあります。

 

哲学を学んでいると、

今の「スピリチュアル」や

「引き寄せの法則」、「潜在意識」

や「マインドブロック」等について、

いつの時代に誰がその言葉を提唱し、

それが現代ではどのような扱い方を

され、利用されているかまで、

よく理解できるようになりました。

 

お陰で、スピリチュアルや心理学、

宗教などを冷静な目で捉えること

ができています。

 

冷静に捉えられるようになると

以前「潜在意識は、・・・」と

受講生の方にお伝えしていたのが

恥ずかしくなるぐらいです。

 

哲学者でプラグマティズムの

祖と言われる

チャールス・サンダース・パースは、

思考と行動は『切り離せないもの』である

と提唱しました。

(思考と行動のサイクル)

 

ところが、

セミナー業界では

「強くイメージすれば、

あなたの人生は変わる!」

 

「考えるな、感じるんだ!」

 

「思考」も「行動」も拒否して

いるのにも関わらず、現実が

よくなると、矛盾したことを

堂々と語っているのです。

 

本来セットでなければ成立し

えない「思考と行動のサイクル」

が崩されているということは、

プラグマティズムの理論が

捻じ曲げられていると言っても

過言ではありません。

 

ところで、フロイトが提唱した

「潜在意識」も似たようなこと

が起きています。

 

次回のブログにて。

 

 

「家族関係やビジネスの悩み相談会」

【名古屋開催】残席1名様

日時 6月18日(火)

 

【東京開催】残席1名様

日時 7月21日(日)

 

詳細・お申し込みは

こちらから

 

* * * * * *

 

「言葉を動かす実践講座」

(6回連続講座)

を開催致します。

 

【熊本市】 残席2名様

【鹿児島市】残席3名様

となっております。

 

詳細は→こちらから

お申し込みは→こちらから

 

* * * * * *

*下記は、LINE@です。

お気軽に友達追加をどうぞ。

 

 

友だち追加

宜しくお願い致します。

 

 

私たちは「言葉」に支配されている!

何らかの「刺激」を受けて

「感情的」になるのが私たち。

 

この「刺激」は、

どこからくるのでしょうか?

 

人や場所といった「環境」

から「刺激」を受けるのです。

 

つまり私たちは

「環境に支配されている」

ということです。

 

雨が降っただけでも

ネガティブになる人が

いますよね。

 

「雨が降っているから憂鬱です。」

みたいな。(汗)

 

天気に支配されるなんて

勿体なくないですか?

 

天気は、人間がどんなに

頑張ってもコントロール

できないものです。

 

どうにもならないことに

エネルギーを奪われて

しまっている・・・。

 

雨が降らないと植物は

育ちませんので、むしろ

「恵の雨」と思った方が

よくないですか?

 

雨天の時はネガティブになり、

晴天の時はポジティブになる!

 

天候から「刺激」を受けて

「感情」が左右されている。

 

天候も「環境」の一つでは

ありますが、それ以上に

私たちに「刺激」を与えている

のは、何だと思われますか?

 

以前のブログでも類似した

ことは書いていると思います。

それ以上に、刺激を与えて

いるのは「言葉」です。

 

私たちは、それぞれの

「環境」の中で

言葉に支配されている

 

つまり、

家庭環境、職場の環境、社会の

環境など、それぞれの「環境」

において、「言葉」が網の目の

ように絡み合って、私たちに

「刺激」を与えているということ。

 

例えば、「家庭環境」で

考えてみましょう。

 

〈A子さんの家庭〉

バカ・アホ・死ね・クソ・嘘つき

役立たず・キモい・消えろ・カス

吐き気がする・帰ってくるな、

などの言葉が飛び交う家庭環境。

 

〈B子さんの家庭〉

有難う・楽しい・助かった〜

お陰様で・嬉しい・美味しい

綺麗ね・素敵ね、

などの言葉が飛び交う家庭環境。

 

どちらが心地よい家庭でしょうか?

 

A子さんは、B子さんのような

家庭で育ちたくても、よその

子どもになることはできません。

 

「今」の環境を変えられない

のであれば、「今」の環境の

中で工夫しながら生きていく

しかありません。

 

しかし、

大人であれば、その環境の

「外」に出ていくこと

だって可能なわけです。

 

勇気を出して「外」に出てみる。

 

そうすることで、

無駄なエネルギーが減り、本来

自分が「やりたかったこと」や

「やるべきこと」にエネルギー

を注げるようになるでしょう。

 

「外」に出るというのは、

単純に「住まいから出る」

という意味もありますが、

引っ越しをしなくても、

「外」から「自分のいる環境」

を俯瞰して見るということも

できます。

 

(ブログでは「言葉」の「本質」

についての深堀はしませんが、

言葉を動かす実践講座」では

現代哲学や分析哲学をベースに

詳しくお伝えしていきます。)

 

人間は、生きるための十分な

エネルギーを持っているのに、

それを無駄遣いしている人は

多いように感じます。

 

私も大切なところに

エネルギーを使っていく

ようにします。

 

* * * * *

「家族関係やビジネスの悩み相談会」

【名古屋開催】残席1名様

日時 6月18日(火)

 

【東京開催】残席1名様

日時 7月21日(日)

 

詳細・お申し込みは

こちらから

 

* * * * * *

 

「言葉を動かす実践講座」

(6回連続講座)

を開催致します。

 

【熊本市】 残席2名様

【鹿児島市】残席3名様

となっております。

 

詳細は→こちらから

お申し込みは→こちらから

 

* * * * * *

*下記は、LINE@です。

お気軽に友達追加をどうぞ。

 

 

友だち追加

宜しくお願い致します。

 

 

無駄なエネルギーを消耗している!

「エネルギーを消耗して疲れた〜。」

と思うことはありませんか?

 

 

・母親から言われた一言が

カチンときて、大喧嘩になった。

 

・夫から「家事の手際が悪い」

とバカにされて号泣した。

 

・職場の嫌な同僚と意見が

食い違って、口論になった。

 

・一人暮らしをはじめた息子の

ことが心配で夜も眠れない。

 

・ママ友の付き合いで気を遣い

すぎて、次の会合が重荷である。

 

私たちは、

心配してもどうにもならない

ことにエネルギーを使ったり、

喧嘩や言い訳探し、自己嫌悪に

エネルギーを消耗するものです。

 

中には「怒りはエネルギー」

などという人もいますが。(笑)

 

人は、意外と「無駄なこと」に

エネルギーを使って、本当に

「やるべきこと」や「大切なこと」

に十分なエネルギーを注げない、

という悪循環が起きやすい生き物。

 

何らかの「刺激」を受けて

「感情的」になるのが人間です。

 

具体的に言えば

「感情的」になって、

茶碗をガチャガチャと音を

立てて洗ってみたり。

 

ドアをバタン!と締めてみたり。

 

罵倒する言葉を大声で言って

みたり、暴力を振るってみたり。

 

「感情的」になっている間は、

残念ながら「冷静な判断」や

「建設的な思考」にはなれません。

 

全てが「マイナス」の方向に

進んで強制終了

みたいなことになってしまいます。

 

では、「刺激」はどこから

くるのでしょうか?

 

次回のブログにて。

 

「家族関係やビジネスの悩み相談会」

【名古屋開催】残席1名様

日時 6月18日(火)

 

【東京開催】残席1名様

日時 7月21日(日)

 

詳細・お申し込みは

こちらから

 

* * * * * *

 

「言葉を動かす実践講座」

(6回連続講座)

を開催致します。

 

【熊本市】 残席2名様

【鹿児島市】残席3名様

となっております。

 

詳細は→こちらから

お申し込みは→こちらから

 

* * * * * *

*下記は、LINE@です。

お気軽に友達追加をどうぞ。

 

 

友だち追加

宜しくお願い致します。

 

 

「その先」の喜びのために。

「不安」と「恐怖」の違い

なんでしょうか?

 

 

「不安」は、対象がありません。

「恐怖」は、対象があります。

 

前回の事例より。

 

「娘の運動会に行ったら、

一人で行動していました。

友達がいないようで可哀想

でした。どうしたらいいのか

『不安』でいっぱいです。」

 

この場合の「表」の問題は、

「不安」の根源である

「恐怖」に気づくことです。

 

お客様本人は、自分が何に

「恐怖」を感じているのかさえ

意識できていないので、それが

「不安」という言葉となって

表面上にでてくるのです。

 

ですから、「不安」と言っている

意識の根源にある「恐怖」を

言語化できるようにサポート

していきます。

 

この場合は、

・学校が楽しくないのではないか?

・仲間はずれされているのではないか?

・学校に行きたくないのではないか?

 

こんなことを「恐怖」に

思っているということです。

 

これは「表」の問題であって

重要なのは「の問題です。

 

こちらは「個人コンサル」に

よるオーダーメードになります。

 

なぜならば、お客様の「現状」

や「理想の姿」は、個々に

よって違いがあるからです。

 

トレーニングの期間も必要に

なってくるので、やりとりを

しながら「恐怖」を乗り越えて、

習慣化できるまでチャレンジ

していただいています。

 

「トレーニングって、きつそう〜。」

と思われますよね。

 

それでも視点は、「目の前」の

ことではなくて、「その先」の

喜びを目指していますので、辛く

ても頑張っていただいています!

 

「ラクして変わる」といった

ふわふわ系は、言語道断です。

 

ラクして変わっていたら、

すでにみんなが幸せなはず

ですものね。(笑)

 

* * * * *

「家族関係やビジネスの悩み相談会」

【名古屋開催】残席1名様

日時 6月18日(火)

 

【東京開催】残席1名様

日時 7月21日(日)

 

詳細・お申し込みは

こちらから

 

* * * * * *

 

「言葉を動かす実践講座」

(6回連続講座)

を開催致します。

 

【熊本市】 残席2名様

【鹿児島市】残席3名様

となっております。

 

詳細は→こちらから

お申し込みは→こちらから

 

* * * * * *

*下記は、LINE@です。

お気軽に友達追加をどうぞ。

 

 

友だち追加

宜しくお願い致します。

 

 

「不安」という言葉で誤魔化してはいけない。

あなたは、家族や人間関係で

「不安」に思っていることが

ありますか?

 

 

 

「娘の運動会に行ったら、

一人で行動していました。

友達がいないようで可哀想

でした。どうしたらいいのか

『不安』でいっぱいです。」

 

といったお客様からのご相談。

 

家族の悩みに限らず、ビジネスの

悩みに関しても同様で、問題には

必ず「表」と「裏」があります。

 

お客様の言葉から発せられる

のは、ほとんどが「表」です。

 

しかし、大切なのは「裏」です。

 

「裏」に隠されている問題は、

「その人が乗り越えるべき課題」

の部分です。

 

今回は、「裏」の問題には

触れず、「表」で気になる

ことをお伝え致します。

 

それは、「不安」という

キーワードです。

 

似ている言葉に「恐怖」と

いう言葉がありますが、

「不安」と「恐怖」の違い

なんでしょうか?

「不安」は、対象がありません。

「恐怖」は、対象があります。

 

私たちは、この言葉の違いを

使い分けることなく、なんでも

「不安」という言葉で誤魔化して

しまうことが多いようです。

 

「不安」と言っている意識の

奥には、その要因となる

「恐怖」が存在しているのです。

 

しかし、多くの人は「恐怖」に

向き合いたくないので、ふわっと

した言葉である「不安」という

言葉で誤魔化し、問題から

目をそらしているのです。

 

この場合の「恐怖」とは

どんなことだと思われます?

 

続きは、次回のブログにて。

 

* * * * *

「家族関係やビジネスの悩み相談会」

【名古屋開催】残席2名様

日時 6月18日(火)

 

【東京開催】残席1名様

日時 7月21日(日)

 

詳細・お申し込みは

こちらから

 

* * * * * *

 

「言葉を動かす実践講座」

(6回連続講座)

を開催致します。

 

【熊本市】 残席2名様

【鹿児島市】残席3名様

となっております。

 

詳細は→こちらから

お申し込みは→こちらから

 

* * * * * *

*下記は、LINE@です。

お気軽に友達追加をどうぞ。

 

 

友だち追加

宜しくお願い致します。

 

 

「語彙力」と「言葉の力」は、別物!

単に語彙力を増やしても、

コミュニケーション力は

育まれません。

 

付け焼き刃的に得た言葉で

伝えようとしても、相手には

「借り物」だということが

伝わってしまいます。

 

「借り物の言葉ではなく、

本物の言葉で伝えたい」

ものです。

 

ある哲学者の言葉に、

「言葉」は、それが使われる

「文脈」の中でその意味が決まる

というのがあります。

 

例えば、

「今度の昇進試験は、運に

任せよう。」という場合。

 

Aさんは、

試験に向けて寸暇を惜しんで

勉強を頑張ってきて、

「結果は運に任せよう」

と真剣な気持ちで言った。

 

Bさんは、

試験勉強らしきものもせず、

単に「結果は運に任せよう」

と投げやりな気持ちで言った。

 

もし仮に、あなた自身が

「運さん」だったら、

どちらに味方しますか?

 

「運さん」は、間違っても

最初から投げやりなBさん

には味方しないですよね。

 

同じ「今度の昇進試験は、

運に任せよう」という言葉を

使う時に、その前後の一見

表現されていないことの方が

重要な意味を持つ場合が多い

のです。

 

ですから、

単に言葉の数を増やしても

「コミュニケーション力」は

育まれないのです。

 

「言葉の力」というのは、

「運」さえも味方につける

ぐらいの「行動を起こす人」

から発せられる言葉です。

 

そんな人が発する言葉には、

「人を動かす力」も上乗せ

されることでしょう。

 

「借り物の言葉でなく、

本物の言葉で話せる」ことが

コミュニケーション力の基盤

となるものです。

 

「言葉」はそれが使われる

「文脈」の中でその意味が決まる

というような哲学的な内容は、

「言葉を動かす連続講座」

詳しくお伝えしていきます。

 

* * * * *

「家族関係やビジネスの悩み相談会」

【名古屋開催】残席2名様

日時 6月18日(火)

 

【東京開催】残席1名様

日時 7月21日(日)

 

詳細・お申し込みは

こちらから

 

* * * * * *

 

「言葉を動かす実践講座」

(6回連続講座)

を開催致します。

 

【熊本市】 残席2名様

【鹿児島市】残席3名様

となっております。

 

詳細は→こちらから

お申し込みは→こちらから

 

* * * * * *

*下記は、LINE@です。

お気軽に友達追加をどうぞ。

 

 

友だち追加

お得なお知らせを

いち早くお届けします。

 

 

語彙力とコミュニケーション力

「私、語彙力がないんです」

 

「私、語彙力がないんです。

だから自分の気持ちを表現

したり、SNSで発信したり

することが苦手なんです。」

 

「語彙力がないせいで、知らず

相手を傷つけてしまうようです。

人間関係が長続きしないのは

そのせいだと思います。」

 

などというご相談を

お受けすることがあります。

 

私自身も自分のことを

そう思っています。(汗)

 

自分の使っている言葉が

いかに陳腐かと、恥ずかしく

なることがあります。

 

語彙力があったら、もっと

自分の世界観や可能性が

広がっていたことだろうと

思うことも多いです。

 

書店などでは、

「大人の語彙力ノート」

「語彙力が身につく本」

「語彙力を鍛える」

「語彙力アップ厳選1000語」

といった類の本を見かけます。

 

語彙力が豊富で、相手の状況や

物事の背景を理解して、それに

相応しい言葉を紡ぐことが

できたらどんなに素敵でしょう。

 

反対に語彙力がなく、何かあれば

「マジで」「うざっ」「死ね」

「やばい」のような単語しか

言えないようだったら、まともな

コミュニケーションは成立しません。

 

そこで、語彙力が大切だと

気づいた人は、語彙力を増やす

ことに躍起になり、本を読ん

だり、語彙力アップセミナーに

参加したり、テレビやSNSを

見ながら言葉をメモしたり、

電車や飲食店などの広告を

凝視してみたり。

 

意識すれば、日常生活の

あらゆる場面で、言葉を

ストックする機会が作れます。

 

では、

単純に言葉の数を増やせば、

豊かなコミュニケーション力

が育むのでしょうか?

 

そんな単純な問題では

ありませんよね。

 

言葉をどんなにストックした

ところで、人間や世界の「本質」

を理解しない限り、本当の意味

での「コミュニケーション力」

は育まれません。

 

次回は、「語彙力」と

「言葉の力」について

お伝えいたします。

 

下記に紹介しております

「言葉を動かす実践講座」

では、この様な内容をさらに

深く掘り下げてお伝え致します。

 

* * * * *

「家族関係やビジネスの悩み相談会」

【名古屋開催】残席2名様

日時 6月18日(火)

 

【東京開催】残席1名様

日時 7月21日(日)

 

詳細・お申し込みは

こちらから

 

* * * * * *

 

「言葉を動かす実践講座」

(6回連続講座)

を開催致します。

 

【熊本市】 残席2名様

【鹿児島市】残席3名様

となっております。

 

詳細は→こちらから

お申し込みは→こちらから

 

* * * * * *

*下記は、LINE@です。

お気軽に友達追加をどうぞ。

 

 

友だち追加
詳細・申し込み→こちらから

 

 

家族関係やビジネスの悩み「相談会」を開催致します。

誰かに悩みを聞いてもらって

サポートを受けたいと思った

ことはありませんか?

私たちは

「家庭生活がうまくいかない。」

「人間関係に振り回されている。」

「経済的な不安を抱えている。」

といった様々な問題を常に

抱えながら生きていています。

 

そして、

それは解決はできないものと

諦めている人や投げやりに

なっている人も多いのでは

ないでしょうか。

 

「私がもっと強い人間だったら。」

「私がもっと賢かったら。」

「私がもっと行動できていたら。」

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

「私」「私」「私」と

「自分だけ」を見ていても、

人は一人で生きているわけ

ではないので、解決には

繋がらないのです。

 

他者と共存し、助け合い、

支え合いながら、

「他者との関係性」の中で、

かつ、それぞれの置かれた

「家庭環境」「職場環境」

「社会環境」などの中で、

問題を抱えながら生きています。

 

その様な環境の中で、

私たちは問題を解決したい

と思った時に、誰かに相談

したり、勉強したりして

解決したいと願うものです。

 

そこで、

今まで家族関係やビジネスに

関するサポートをしてきた

経験を生かして、悩みの

「相談会」を計画致しました。

 

家族関係やビジネスの悩み相談会

は、こんな方にオススメです。

 

・親子関係がうまくいかずに

悩んでいる。

(不登校や発達障がいなど)

 

・夫婦の会話がなく、

一緒にいるとイライラする。

 

・親(実親、義理親)との

関係がギクシャクしている。

 

・起業したいと思っているけど、

何からしていいのかわからない。

 

・ビズネスで結果を出したい!

など。

 

LINE@にて「先行予約」を

致しましたので、残席わずか

となっております。

 

内容の濃い相談会にしたい

と思っておりますので、

限定6名様としております。

 

【名古屋開催】残席2名様

日時 6月18日(火)

11時から13時

場所 名古屋駅周辺のカフェ

 

【東京開催】残席2名様

日時 7月21日(日)

11時から13時

場所 品川駅周辺のカフェ

 

詳細・お申し込みは

こちらから

 

**【講座のお知らせ】**

人間や世界の「本質」について

知ることは、いろんな悩みの

解決に繋がります。

 

この講座は、現代哲学の

考えをベースにしております。

 

難しい哲学を、わかりやすく

お伝えし、家庭やビジネスで

実践していただくことを

目的としています。

 

言葉を動かす実践講座

6回連続講座

鹿児島と熊本で開催致します。

東京は10月からスタートの

予定です。

 

こちらの講座も少人数で

濃度の濃いものにして

いきたいと思います。

 

【熊本開催】残席2名様

【鹿児島開催】残席3名様

となっております。

 

詳細は→こちらから

お申し込みは→こちらから

 

* * * * * *

*下記は、LINE@です。

お気軽に友達追加をどうぞ。

 

 

友だち追加

視点の高い人の特徴⑤と「まとめ」

あなたは「学び」を深めたい

と思った時に、何をしますか?

 

・ハウツー本を読む

・セミナーに参加する

・知識のある人に教えてもらう

 

などが浮かんでくるでしょうか。

 

さて、視点の高い人の特徴

5つ目です。

 

⑤全てのことを「学び」に

変換できる!

 

視点の高い人は、全ての物事を

「学び」に変えることができます。

 

・歌を聴きながら、その歌詞の

一言からヒントを得たり。

 

・映画を観て、矜持を強く持つ

ことの大切さを再認識したり。

 

・ギャンブルで、自分の思考力

と判断力と洞察力を試したり。

 

私の知人に、ギャンブルをする時、

勝つための戦略を練りに練って

それに臨むという人がいます。

 

そして、多くの場合は勝つのだと。

 

それは、戦略を立てたから勝てたと

いうのではなく、それにプラスして

「今」という現状を瞬時に判断して、

戦略を練り直し、「勝つ」と決めて

意思決定をするのだそうです。

 

先日は、競馬でそれを実践

したそうです。(笑)

 

視点の高い人は、この世界に

「正解」はないと知っていますので、

バランスを見て臨機応変に対応し、

適切な行動をとることができます。

 

仕事とは全く関係のない一見

「遊び」と思われるようなこと

でも、その「出来事の背景」や

「関係性」が見えているので、

「自分以外」を客観視でき

「すべては鏡」だと受け止めて、

自分の成長のために謙虚に

反省したり、果敢に挑戦したり

することができます。

 

決して「私は宇宙と繋がっている」

といった、フワフワしたメタファー

に陶酔し、現実逃避をすることは

ありません。

 

視点の高い人の特徴をまとめると

 

①拙速な結果を求めない。

②「自分以外」の人との

関係性に視点がいく。

③「孤独」を大切にし、

「仲間」に群れない。

④朝令暮改は「当たり前」

だと知っている。

⑤全てのことを「学び」に

変換できる。

 

これらのことを満たしている人は、

「常識人」からは「狂人」と

見られるかもしれません。

 

彼らは、今の自分に学びを

「上乗せ」するというスタンスは

なく、今までの固定化した

価値観に楔を入れ、今の自分を

「破壊」してさらに成長して

いくことを意識しています。

 

つまり「破壊と創造」を繰り返し

ながら自己成長に向き合っている

「強い人」だということです。

 

すぐに「天」や「神」や「宇宙」に

課題を投げたり、答えを求めたり

する「弱い人」とは大差がありますね。

 

私もまだまだ弱い人間なので

「強い人」を目指して

トレーニングしていきます!(汗)

 

〈追伸〉

家族関係やビジネスに関する

悩みの相談会」を名古屋

東京で開催致します。

 

LINE@にて本日より

先行予約を開始しました。

 

残席わずかとなっております。

 

* * * * * *

 

熊本と鹿児島で

「言葉を動かす実践講座」

(6回連続講座)

を開催致します。

 

詳細・申し込み→こちらから

 

 

*下記は、LINE@です。

お気軽に友達追加をどうぞ。

 

 

友だち追加

視点の高い人の特徴④

あなたの上司の発言が、

いつも朝令暮改だったら

どうしますか?

 

 

「朝礼暮改」と聞くと、

「コロコロ変わる」とか

「当てにならない」といった

ネガティブなイメージを

受けるのが一般的でしょう。

 

そんな人が上司や組織の

リーダーだったら

 

・方針がしっかりしていない人

・信念のない人

・自分の軸がない人

 

であり、部下は大変な目に

あいそうだと思いますよね。

 

「朝礼暮改」をどう捉えるか?

 

「視点の高い人」の特徴その4

④「朝礼暮改」は当たり前

だと知っている。

 

視点の高い人は、

熟慮に熟慮を重ねた結果、

変えた方がよいと判断したもの

に関しては、ズルズルと流され

るのではなく、早く変えること

が大切だということを知っています。

 

「選択→決断→行動」が早く、

「朝令暮改」的な態度が評価

される場合も多いのです。

 

特に情報の変化が激しい

ビジネスの世界において、

視点の高い経営者は

「朝令暮改」を行うことの

重要性を知っています。

 

個人レベルでも「価値観」の

固定化を防ぎ、柔軟な考え方が

できるようになるためには、

「朝礼暮改」のマインドを身に

つけることは大切だと思います。

 

個人でも、よりよい情報を

取捨選択し、他人の目を気にする

ことなく、勇気をだして変化する

スピード感、柔軟性、適応能力を

身に付けたいものですね。

 

次回が、このシリーズの

最終回となります。

 

 

〈追伸〉

家族関係やビジネスに関する

悩みの相談会」を名古屋

東京で開催致します。

 

LINE@にて本日より

先行予約を開始しました。

 

残席わずかとなっております。

 

* * * * * *

 

熊本と鹿児島で

「言葉を動かす実践講座」

(6回連続講座)

を開催致します。

 

詳細・申し込み→こちらから

 

 

*下記は、LINE@です。

お気軽に友達追加をどうぞ。

 

 

友だち追加